Skip to content

手数料が魅力のGMOコイン

GMOコインはインターネットサービスで急成長を遂げたGMOグループの一員で、特に仮想通貨の取引をサービスの主体としている企業です。

GMOコインでは米ドルやユーロ、ポンドなどの外国通貨の証拠金取引と同様に、10倍までのレバレッジを生かした取引ができるのが特徴となっています。

そのためのツールも充実しており、自宅にあるパソコンはもちろんのこと、どこにでも持ち運びができるスマートフォンからも気軽に取引画面にアクセスができるアプリもダウンロードできます。

GMOコインでは取引にあたってのさまざまな手数料が少ないことも魅力といえます。たとえば入出金手数料については、仮想通貨と日本円のどちらであっても無料となっています。

若干の負担となる部分としては、日本円を振り込む場合の銀行手数料と、仮想通貨のマイナーに支払う手数料程度です。

取引手数料についても仮想通貨を現物売買する場合は無料、レバレッジ取引をする場合の新規注文や決済注文、ロスカットによる決済もいずれも無料です。

建玉を持ち越した場合に限っては、建玉ごとに一定割合のレバレッジ手数料が発生します。このように外国為替証拠金取引などと比較しても、格段に安い手数料での取引ができるところは、GMOコインならではの特色といえます。

取引ができる種類もビットコインをはじめ複数ありますので、それぞれの価格動向を確認しながら、最適な選択をして収益を上げることができるようになっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です